先輩社員の声

当社で働く先輩社員の声を通して、実際の仕事内容をご紹介します。仕事内容に加えて仕事の魅力ややりがい、
今後の目標などについても率直に語ってもらいましたので、ぜひ参考にしてください。

専門分野を担当しつつ、徐々に知識を広げている最中。

入社3年目に全体を動かすという感覚を体験しました。

現在、グループ内の工場で電気回路の設計やプログラム作成、施工管理、試運転などを担当しています。電子出身ですから専門分野を活かした仕事と言えますが、それだけではありません。エンジニアリング企業の社員として求められるのは、高い視点でプラントを見つめ、どう改良・改善し今以上の生産活動が実現できるかという発想力。その力を養うためにも個々の作業がどのような役割を担い、他の装置とどう連携していくのかを常に念頭に描きながら作業にあたっています。
そう意識するようになったのは、入社3年目に手がけた案件がきっかけでした。小規模な仕事でしたが、打ち合わせ段階から全工程に携わり「全体を動かす」感覚を体験したんです。頭で理解しながらも実際には様々な問題にぶつかります。それをひとつ一つ解決しながら完成させたことは非常に良い経験になりました。


多くの技術者が協力しながらつくりあげていく。そのおもしろさ。

プラントの仕事はよくオーケストラに例えられます。プラント建設も大きな案件では数百人という人が関わる一大オーケストラ。一人ひとりが同じ目標に向かって力を出し合い、一つの形に仕上げていく過程は、独奏とは違う迫力と感動があります。中でも私たちの仕事はオーケストラの指揮者という立ち位置。プレッシャーの大きな仕事ですが、それだけに完成したときの達成感は言葉では言い表せないものがあります。全体を指揮できるのはまだまだ先ですが、その日のために日々新しい知識を積み重ねています。

信頼されるエンジニアが目標。そのためにも更に知識を深めていきたい。

プラントはあらゆる技術の複合体ですから、一つだけを極めても全体を創ることはできません。私自身、専門外の「機械」や「建設」分野の知識を深めることを次の目標に掲げています。業務の幅を広げることは、実は専門分野をさらに深めることにもなるはずです。例えば、制御する駆動装置を理解すればより高精度な制御システムの開発が可能になるかもしれません。そうやって少しずつ知識を広げ、同時に深めながら、ゆくゆくは「あいつに任せておけば心配ない」と言われるような技術者になりたいと思います。

マネージャー 岸 一彦

見た目はとても静かな青年ですが、実は何事にも積極的に取り組むタイプ。一つの分野にとらわれず、新しいことに躊躇なく飛び込める意欲があります。まだ入社して4年。これから益々難しいプロジェクトが待っているので、これまで同様、新しいチャレンジを前向きにとらえて挑んで欲しいですね。


Personal History

2010年 入社研修
[4号炉建設]ハード設計、施工管理、試運転
2011年 [Sn回収設備Sb製造設備建設]ハード設計、施工管理、試運転管理
2012年 [計装機器更新]施工管理、試運転
[設備改善]ハード設計、見積もり、施工管理、試運転
[前処理設備他]ハード・ソフト設計、見積もり、施工管理、試運転
2013年 [プラント制御システム]ソフト設計、試運転
[各種設備改善工事]ハード・ソフト設計、見積もり、施工管理、試運転

Private

息抜きはマンガを読むこと。はまっているのは「進撃の巨人」。